椎間板ヘルニアの坐骨神経痛は不定愁訴を引き起こす

タブレットのやりすぎで首が痛い

症状からストレートネックに対して注目するのではなく、行動から注目してみるのはどうでしょう。
たとえば、ストレートネックへと至る要因として最も大きいのは首に対する無理な負荷をかけ続ける事ではないでしょうか。
分かりやすく言うと、ずっと俯いたような姿勢は頚椎の自然な湾曲を失わせてしまうのです。

 

湾曲があるからこそ通常の状態を保っていられるのに、無理な姿勢で湾曲がなくなってしまえばストレートネックの始まりです。
曲がるように設計されている首がストレートネックによってまっすぐになれば、身体に無理が出るのは当然の話と言えるでしょう。

 

ストレートネックを治すためには、まず日常に潜んでいるリスクを一つずつ取り除いていく必要があります。
首が傾いたような姿勢、前傾姿勢に近い形が良くないです。
ついついパソコンを操作する時に前のめりで画面とにらめっこ、なんて事になっている方はストレートネック予備軍と言えそうです。
パソコンに限らず最近ではタブレットやスマホといった電子機器も、座った時に俯きながら操作しがちなのでストレートネックのリスクとなります。
首の痛みの予防のためにスマホやタブレットの使用を控えるのではなく、使用環境を見直してみては如何でしょうか。
ブログやサイトから、首の痛みについてはこちらから詳しい情報をチェックすることが出来ます。