椎間板ヘルニアの坐骨神経痛は不定愁訴を引き起こす

男性に比べて女性に尿もれが多い

女性の尿もれは、咳やくしゃみ、そして声を出して笑ったとき、また、赤ちゃんを抱きかかえたりするとよく起きます。
重い荷物を持ち上げようとしたときなども、尿もれすることがよくあり、少し漏れてしまったということはよくあるでしょう。
まだ若いのに尿もれすると、ひょっとして何かの病気ではと不安になったり、恥ずかしくて人に言えなかったりします。
また、女性の尿もれは、生理用ナプキンがないと外出できないなど、悩んでいる女性も少なくありません。

 

実際、尿もれに困っている女性は多く、成人女性を対象とした調査では、約3割が、なんらかの形で経験していると言います。
男性に比べて女性に尿もれが多いのは、からだの構造や妊娠、出産が大きく関係しているからです。
そのため、女性の場合、高齢者だけでなく20代、30代の人が尿もれを経験するということも珍しくありません。

 

男性も尿もれがあると、どうしても仕事に支障をきたしたり、友人や家族との外出がおっくうになったりします。
生活の質に影響が出てくるのが男性の尿もれですが、恥ずかしいなどの理由で、病院に行く人は少ないです。
受診する人は全体の1割にも達しておらず、それだけ女性の尿もれというのは、恥ずかしものなのです。
しかし、体操や生活上の工夫、薬による治療、手術などで尿もれは改善することができるので諦めてはいけません。