椎間板ヘルニアの坐骨神経痛は不定愁訴を引き起こす

手首腱鞘炎は最も患者数が多い

手首腱鞘炎の原因はズバリ、手の使いすぎしかないと言っても過言ではないと言われていますよね。
まあ確かに、それはその通りで、腱鞘炎というのは、やはり筋肉を酷使する事が原因で発症するものと考えられます。
そうなると、当然ですが、私たち人間は手を最もよく使いますから、手首腱鞘炎は最も患者数が多い腱鞘炎という事になります。
ただし、膝だってかなり酷使していますから、同じ原因で腱鞘炎を発症する可能性は大、十二分に気を付けたいところではあります。
という事で、手首腱鞘炎は元々、ピアニストやギタリストのような楽器演奏者に多い病気で、その原因から、彼らにとっては職業病だとも言われて来ました。
加えて、それに膝や足腰の腱鞘炎を含め、アスリートたちにとっても、とても怖い病気。
そこに近年、新たな手首腱鞘炎の原因が加わり、よりいっそう注意する事が求められているのです。

 

手首腱鞘炎は長年、スポーツや楽器演奏などが原因で起こるプロの疾患的なイメージがありました。
後は、中高年のおばちゃんたちがよくなる症状という感じを持たれていた方も多い事でしょう。
しかし、近年はパソコンの普及が原因で、若い女性を中心に、手首腱鞘炎患者の年齢層が大幅に若年化して来ているのです。
加えて、携帯電話やスマートフォン、あるいはタブレット端末などの細かな操作も大いに原因になり得ます。
詳しくはこちらから